ABOUT

1883年、トリノに生まれたマリア・ニエリは、パリに移ると夫の姓に自身のニックネームを組み合わせ、“ニナ・リッチ”と名乗りました。そして1932年パリのカプシーヌ通り20番地にオートクチュールメゾン・ニナ リッチを創設します。

1941年、彼女の息子のロベルト・リッチはフレグランス部門を設立し、1946年にはCoeur joie(クールジョア)を発表しました。以来、クチュールとフレグランスの部門は両輪としてメゾンを支え続けます。

1954年には、ジュール フランソワ・クラエがクチュール部門を引き継ぎ、ニナ リッチのデザインスタイルを確立していきます。1964年、ジュラール・ピパールがその後継者となるとプレタポルテの部門でも大成功をおさめます。1979年には高級ブランドが軒を連ねるモンテーニュ大通り39番地に居を構えることとなり、クチュールとフレグランスの両部門がひとつ屋根の下に収められました。そして建物の1階にはニナ リッチの新しいブティックがオープンしました。

1998年、メゾンはバルセロナのフレグランス製造・流通企業PUIG(プーチ)グループの傘下に入ります。PUIG(プーチ)社は、ニナ リッチのブランド遺産を大切に扱い、更に新しい息吹を今も吹き込んでいます。

SHOPPING GUIDEエリアを非表示
FAQエリアを非表示